So-net無料ブログ作成

やってみよう、ビジョントレーニング! [お奨めします]

ビジョントレーニングは、近視や遠視を直すものではありませんが、眼を鍛えることで、色々良いことがあります。特に、物が二つに見えたり、大型免許試験の深視力検査(※1)で合格しない方は、ビジョントレーニングをすることで、症状が改善されることがあります。1日5分程度でも、効果が大きいのでお勧めします。

2bfec5c11567ee232e31431890052eb4.jpg


①両手を肩幅で前に差し出して、左右の親指の爪を交代に見る。

②上下に手を出して、上下の親指の爪を交互に見る。

③5m離れた、カレンダーの文字と、前に伸ばした親指の爪を交互に見る。

④40センチ離して親指の爪を見ながら、爪が二つに見えるまで寄せたり、離したりする。

⑤手を伸ばして親指の爪を見ながら、目の前で手をグルグル回す。


※1(大型免許の深視力検査は三桿法(さんかんほう)が用いられます。三本の棒が並んでいて、真ん中の棒が前後に動き両端の棒と同じ位置に並んだのを見て止めます。その誤差を図るという検査です。合格の基準は3回止めてその誤差の平均が2センチ以内になります。)

参考になるHP

https://stretchpole-blog.com/how-to-vision-training-21951

 

追伸、免許更新の時、「バーチャル深視力計」と「リアル2.5m深視力計」とでは、「バーチャル深視力計」の方がむずかしいのです。なぜなら、「バーチャル深視力計」は、実際の運転環境とはかなり異なる状態で行われる検査だからです。「バーチャル深視力計」で、合格しなかったら「リアル2.5m深視力計」で再検査を申し出てください。正式には「リアル2.5m深視力計」で測った結果が優先です。

「バーチャル深視力計」で測定して不合格になった人が、「リアル2.5m深視力計」では、合格する場合があります。

 

 


nice!(0)  コメント(0)