So-net無料ブログ作成
検索選択

幼犬の訓練 [狩猟]

3月19日法事の後、イノシシ用の猟犬の訓練を行いました。昨日ワナに掛かったイノシシを小型の檻に入れて、林道に運んでいました。まだ5カ月の幼犬なので、イノシシに吠えかかりません。9歳になるレイ君に、お手本をさせました。

CIMG0003-2.jpg

最後まで、イノシシに吠えることはありませんでしたが、檻のイノシシのお尻に噛みついていました。

CIMG0004-2.jpg 

止めさしをしたイノシシに噛みついていたので、見込みがありそうです。

CIMG0005-2.jpg

動画







イノシシの通り道 [狩猟]

3月6日瀬戸田に行くと、観に行くところがあります。今は閉園になっているシトラスパーク付近の歩道の手摺です。マニアックでしょ。

170306_152507-2.jpg

ちょっと見ただけでは分かりませんが、イノシシの通り道です。横から見ると良くわかります。

170306_152500-2.jpg

大きなイノシシが通るので、パイプは曲り、塗装もはがれています。銃猟禁止の場所なので。くくりワナを掛けてやろうかと思いますが、歩道なので、出来ません。

大きなイノシシが、お腹をこすりながら通る姿を思い浮かべて、一人で喜んでいます。


シシ脅しブザー [狩猟]

3月2日悪賢いイノシシを獲るための、シシ脅しブザーの作り方です。100円ショップのブザーとセンサーライトの磁気スイッチを使用して、200円+TAXで、作りました。 

CIMG0010-2.jpg

防水でないので、ビニール袋に入れています。
イノシシの通り道にワナを2か所設置し、真ん中に細い糸を張り、イノシシが通るとブザーがなり、驚いたイノシシが足元のワナにきずかず、歩くのでワナに掛かりやすくなる仕掛けです。

CIMG0012-2.jpg

センサーライトの、スイッチ部分だけを使用します。

CIMG0011-2.jpg

コチラが、横の赤いスイッチを押すと、ブザーが鳴ります。


欠点は、スイッチが入りっぱなしになり、電池が無くなるまで、なり続けます。30秒程度で止まる仕掛けも考えたいと思います。
良い方法を、おしえてください。

動画はコチラ




13キログラムのイノシシ捕獲 [狩猟]

2月28日小型のイノシシがくくりワナに掛かったとの連絡がありました。引き上げ式のワナのワイヤーが、小型のイノシシの胴体に掛かっていました。足であれば、外れたでしょうが胴体では逃げられません。

 170228_072421-2.jpg

小型なので逃がしてやりたいところですが、農家の依頼で掛けたワナなので、期待に背くわけにはいきません。民家が近いので、槍で処理しました。銃か明日であれば、害獣駆除の対象なのですが仕方ありません。決まりは守りましょう。1日違いで、6.000円のお小遣いが入りませんでした。

処理場で量ると、13㎏でした。 

170228_080416-2.jpg

犬用のお肉も貯まっているので、M本工業所さんにプレゼントしましょう。

170228_080431-2.jpg

腹抜きをしていると、田熊チームがイノシシを捕まえてきました。

170228_081715-2.jpg

デカいイノシシです。

170228_081524-2.jpg

83㎏の、大イノシシでした。横に並べると、私の獲ったイノシシの小さい事、「1頭は1頭だ」と負け惜しみを言いながら、ちょっぴり寂しさが漂いました。


6回もイノシシに、逃げられた。 [狩猟]

2月26日午後1時過ぎから、ワンちゃんと運動するために大山峠から奥山の頂上に向けて歩きました。

CIMG0019-2.jpg

この場所に来るまでに、ワンちゃんが2回イノシシを見つけて、2回とも姿を見る前に、逃げられました。今日はワナの見回り隊のK戸さんと一緒です。

CIMG0021-2.jpg

K戸さんは、ワナの狩猟免許を持っています。子供のころから山遊びをしているので、イノシシの足跡の見極めは正確です。

この後2回イノシシを起こしましたが、姿も見られませんでした。そして奥山の頂上到着。下山していると、ががちゃんがまたイノシシ発見。レイ君も追いかけて、シダのところで「ワンワンワン」今回は起きる前に寝屋に辿り着いたので獲れそうです。10分ほど「ワンワンワンワンワン」と吠えたてると、ドッドッドッドッと犬たちを捲ったかと思うと、下の方に、逃げ出しました。50~60㎏のイノシシでしたが、ワンちゃんがすぐ後ろに付いているので撃てません。イノシシとワンちゃん達が離れたので、50m位で発砲しましたが、ハズレでした。こんな時はライフルですね。

CIMG0023-2.jpg

この標識の近くで逃がしてしまいました。

CIMG0030-2.jpg

下山途中でレイ君回収。車の近くで海君回収。ががちゃんが近づいてきましたが、500m位で、又マタイノシシ発見4時半を過ぎているのでパトロールは中止。一度下山して、7時過ぎに再度山に行き、ががちゃん回収です。結局6匹のイノシシに逃げられてしまいました。


イノシシ解体台 [狩猟]

2月21日イノシシ解体台を使ってみました。 CIMG0010-2.jpg 

今回は小型のイノシシなので、スベーサーをはめます。

CIMG0011-2.jpg 

25㎏のイノシシを 入れてみましたが、良い感じです。

CIMG0019-2.jpg 

解体台を使って、腹抜きをする動画は、こちらをクリックしてください。(狩猟者用なので、気の弱い方はご遠慮ください。)


イノシシパトロール [狩猟]

2月19日亀井静香新年互礼会が終わった後に、三庄町奥山中腹にイノシシパトロールに向かいました。私から離れないレイ君のリードを外して奥山に登り始めました。のどが渇いたレイ君は水場を探して喉を潤していました。

CIMG0001-2.jpg

この辺りから、イバラが生い茂っているので、レイ君と海君のリードを外しました。それから20分ほどでががちゃんがイノシシ発見。いのししは直ぐに逃げに入ります。

CIMG0009-2.jpg

コチラの5番観音の上でイノシシを起こし、7番あたりの観音様の膝元を横切り、GPSの範囲外に追い出してしまいました。

CIMG0004-2.jpg

今日は遠く四国山脈や、海岸線までが見えていました。

CIMG0006-2.jpg

2度ほどイノシシを発見しましたが、獲ることは出来ませんでした。続いて、郷区から田熊町に越えてゆく、妙泰さん付近のイノシシの動向を調べて回りました。

CIMG0013-2.jpg

CIMG0011-2.jpg

妙泰神社の由来「釣島箱崎浦の合戦の時、茶臼山城主の弟宗義の妻妙泰夫人が大勢の敵に出逢い,この地で戦死しました。  土生町の対潮院そばの「妙泰神社」は、その妙泰夫人の名がついており、女性の願い事を叶えてくれるといわれています。」

CIMG0012-2.jpg


イノシシパトロール、なんと、6回も逃げられました。 [狩猟]

2月10日しばらく猟犬を使っての銃猟の成果がないので、観音寺から奥山に向けて、イノシシパトロールに向かいました。レイ君、がかちゃん、海君のベストメンバー?です。海君は鉄砲玉のように行ったきりで、イノシシを追いかけて数時間帰ってこなくなるので、リードを引いて歩きました。

170210_133219-2.jpg

ここから、ががちゃんとレイ君のリードを外して、イノシシの探索です。

170210_103707-2.jpg

早速ががちゃんが、イノシシ発見。海君のリードも外して、さあイノシシ狩りです。

しかし、あっという間にイノシシが走り出して、海君とががちゃんがGPS圏外まで走っていきました。やっと見晴らしの良い場所に来ました。

170210_104058-2.jpg

良い眺めです。

170210_104034-2.jpg

景色を眺めていると、レイ君もイノシシ発見。近づこうとするとこちらも走られてしまいました。レイ君は足が遅いので振り切られてすごすごと帰ってきました。今日は奥山の頂上まで登りましょう。ここでががちゃんが帰ってきて一緒に登ります。

170210_111509-2.jpg

レイ君はぜーぜーぜーと荒い息です。ががちゃんは軽い足取りで周りを捜索。またまたイノシシ発見するも、近づく前に走られました。さらに頂上を目指しているとががちゃんが帰ってきました。尾根まで上がり反対斜面で、ががちゃんがイノシシ発見。100mほど追いかけましたが、またしても逃げられました。GPSで見ると150m下でががちゃんが止めていますが、あちらでイノシシを獲っても、林道が土砂崩れで通れないので回収できないので、あきらめて山頂に向かいました。170210_120242-2.jpg

観音寺のほうに下っていくと、レイ君がイノシシ発見。

170210_123227-2.jpg

ここでも、イノシシに逃げられ、戦意喪失です。イノシシは獲れませんでしたが、雄大な景色をお土産に帰りましょう。

170210_104039-2.jpg

下山しているとががちゃんが帰ってきました。一緒に降りていると、途中から急にががちゃんが斜面を登っていきます。しばらくすると「ワンワンワンワン」またもやイノシシ発見。又走られるだろうと、同じ等高線の位置まで登り、走るのを待ちます。こちらに来るか、向こうに逃げられるか、来る率は50%です。

しかし、30分以上待ってもイノシシが動きません。これはかなりの大物か、子づれの雌イノシシでしょう。もう10分待ってもイノシシは動きません。ががちゃんはイノシシの周りを走りながら吠えて止めています。イノシシの場所は急斜面の上なので、レイ君は動こうとしません。以前に大きいイノシシとバトルして重傷を負ったので、私と一緒でないと大型イノシシには向かっていく気は無いようです。仕方がないので、一度70mほど下って、80mほど沢を登っていきました。30分ほどして、あと10メートルまで近づいたときイノシシに感づかれ、走られてしまいました。ががちゃんはイノシシを追いかけてGPSの範囲外。仕方なくレイ君と車まで下りて帰りを待っていると海君が帰ってきました。

待ってもGPSの反応がないので、一度家に帰り食事をして、3時間後、観音寺の駐車場でががちゃん回収。

みんな怪我なく、イノシシパトロールを終えることが出来ましたが、かなりの数が斜面で越冬していました。12日は大浜の銃猟禁止地区の一斉駆除があるので、無理をしないようにしましょう。


夜の止めさし [狩猟]

2月7日お買い物を済ませ家に帰り、お酒を飲み始めたころ因島警察の美人婦警さんから電話があり、重井町のアパートの横のフェンスにイノシシが絡まって暴れているので、何とかしてほしいと連絡がありました。すでにお酒を飲んでいるので、息子に運転を頼み、現地に行ってみると、確かにイノシシです。畑のイノシシ除けのフェンスの中にイノシシが暴れています。

しかしよく見ると足にワイヤーが掛かり、隣の畑のミカンの木にワイヤーがくくられていました。これならじっくりと止めさしが出来ます。

「世界一安い」さんの電気ショックを試しましたが、フェンスの間からは上手くいきません。仕方がないので槍で止めさしをしましたが、夜の止めさしは怖いですね。

CIMG0006-2.jpg

処理場に運び、体重を量りましょう。う~ん、40㎏。

CIMG0013-2.jpg

ピッタリ、カンカンの40㎏でした。

CIMG0008-2.jpg

早く帰って、お酒の続きを楽しみましょう。


イノシシの止めさし???逃げてる [狩猟]

1月6日6時30分、田熊町O野君のくくりワナに20㎏ぐらいのイノシシが掛かったとの連絡がありました。日の出が7時4分なので、そのころに現地に行きましたが、イノシシの姿が見えません。

170206_073038-2.jpg

広く土を掘っていますが浅いので、大型のイノシシではないようです。

170206_072933-2.jpg

足跡の大きさと、4㎜のワイヤーを、キンクさせて切っていますので、20㎏ではなく40キロ前後は、あったようです。昨日もイノシシパトロールに行って、イノシシを見つけても逃げられているので、再挑戦するために、猟犬を入れてみましょう。

170206_081116-2.jpg

ががちゃんを連れてくると、50メートル先でイノシシ発見。近づくと、50m移動。近づくと又移動を、10回ぐらい繰り返して、とうとう山に登られ尾根を越えたので、GPS範囲外に。

このところ連敗が続いていますし、イノシシの解体台が泣いています。

170206_081143-2.jpg

木々の間からチラチラと隣の島が見えています。ここから登っても追いつけそうにないので、元の場所に帰りましょう。逃走ルートが分かったので、この次には車で先回りして、このポイントでマチを貼りましょう。帰り道で年季が入ったウサギ小屋があり、日向ぼっこをしているうさちゃんが、のんびりしていました。三庄町の最優秀ワナ猟師のF原君もウサギを飼っていると聞いたので、「食用?」と聞いたら、こっ酷く叱られたのを思い出して、苦笑いしました。

 170206_082651-2.jpg

島では、お大師様信仰が盛んで、あちらこちらに祠があり、大切にお祀りしています。

170206_082935-2.jpg

コチラは風で移動しないようにステンレスの針金で固定しています。

170206_082831-2.jpg

おお、懐かしの因島市の標識を発見。

170206_083036-2.jpg

ひょっとして、尾道市では、指定されていないのでしょうか?

どうも尾道市は自転車等のイベントにはお金を使いますが、安心・安全なまちづくりには、お金を出すのを渋ります。椋浦町の峠や、天狗山林道のがけ崩れはほったらかしで、山火事などが発生したらどうするのでしょうね。イノシシの駆除費も1頭5.000円と、最低ラインです。多い所は1頭2万円だとか…、羨ましい。

170206_083207-2.jpg

陽だまりで、水仙の花が、コックリコックリと揺れていました。