So-net無料ブログ作成
検索選択
政治活動 ブログトップ
前の10件 | -

挨拶回り [政治活動]

9月27日土生町の交差点で、前参議院議員佐藤こうじさんが、地元のあいさつ回りで、街頭演説をされていました。

IMG_1775-2.jpg

地方の声を「結集」して、国政に反映しなければいけないと、熱く語っていました。

IMG_1776-2.jpg

頑張ってください。


nice!(0)  コメント(0) 

亀井静香新年互礼会 [政治活動]

平成29年2月19日因島の芸予文化情報センターで、土生商船の弓場一輝君の司会で亀井静香新年互礼会が開催されました。

CIMG0074-2.jpg

尾道市長・松浦県議・元因島市長の挨拶がありました。

CIMG0076-2.jpg

 一番最初に亀井後援会が出来たことに、いつまでも恩義を感じている亀井代議士です。

CIMG0088-2.jpg

尾道の佐藤氏が欠席されたことを残念がる亀井代議士でした。

CIMG0096-2.jpg

講演内容

アメリカ大統領選挙で、トランプ陣営の勝利を確信して渡米。トランプ陣営の状況を報告。

②天皇陛下の譲位についての発言は、冷静に判断すべき。

③議員連盟を作り、阿部総理が言いにくいことを、「NO」と発言していく。

③トランプ大統領は厳しい要求を突き付けてくるので、カウボウイを相手にするつもりで対応が必要。

動画

◎政治家は、毅然としなくてはならないが、松浦県議は良くやっている。

◎トランプが大統領選に勝つことは、分かっていた。

◎TPP以上の貿易でアメリカからの輸入を増やすよう、強硬に要求してくるので、注意。

◎アメリカに「NO」と言える。議員団を結成した。

◎亀井節(歌だけは、やめてほしい!)











亀井静香後援会新年互礼会 [政治活動]

2月21日日曜日午後1時から芸予文化情報センターで、亀井静香後援会新年互礼会が、開催されました。

CIMG3058-2.jpg

村上和弘元因島市長・平谷尾道市長・佐藤公治元参議院議員・松浦県議より、歓迎の挨拶を受けた後、国政について熱弁を振るわれました。

安倍総理の地方再生は掛け声だけで具体的な政策が無い。私は高速道路サービスエリア、パーキングの無料開放を行い、地域特産物の販売拠点など地域経済振興の拠点とする。

へき地・離島の医療確保のためドクターヘリの予算を30億円確保した。

根っこの会をつくり、地域の活性化を実現していく。

亀井静香根っこの会-1.jpg

亀井静香根っこの会.jpg


選挙に勝つ方法--上級編を追加しました。 [政治活動]

 尾道市長選挙の分析

尾道市長選挙では、現職市長と県会議員の選挙でした。有権者数 117.467人 有効投票数 74.800人 64.5% 無効957票 投票総数 75.757票

①平谷候補 当選 得票数 35.425票 46.8%

平谷陣営は組織選挙を展開したが、組織間の連係不足で充分な力を発揮できずに選挙戦が終わって、時間不足と準備不足で票が伸び悩んだ。

②よしい候補 次点 得票数 33.575票 44.3% ①-②の差は 1.850票

よしい陣営は利益誘導型の分かり易い選挙戦を展開したが、全市的な支援が得られず、争点も市役所などの建設反対を打ち出したが、前向きな政策に欠け、支援が伸び悩んだ。

③後藤候補   得票数5.800票  7.7% 

後藤陣営は手作り選挙を展開したが、10万人を超える有権者が居る、都市型選挙には体制作りが間に合わなかった。しかし他の陣営が手間取っている間に票を伸ばし、何とか泡沫候補にならず、善戦した。

地区別投票率 

市長選 旧尾道市 61.34% 御調町69.92% 向島町66.63% 旧因島市69.36% 瀬戸田町73.64%

市議選 旧尾道市 61.34% 御調町69.92% 向島町66.64% 旧因島市69.38% 瀬戸田町73.64%

総論 どちらの陣営も、全市民を巻き込むような選挙戦が出来ず、投票数が伸びなかった。5年先の政策論は展開したが20年~50年先の町づくりの政策が欲しかった。本来は現職有利な選挙であるが挑戦者の政策論が市民から共感を得られなかったため、旋風がおこるまでには至らなかった。民主主義の原点である選挙により、市民の選択の機会が与えられたことに意義があった。

下記の通り、選挙戦術を載せましたが、これ以前に、50年100年先の町づくりをどうするかという、熱い理念と戦略があって初めて選挙戦術が効果を上げます。

**********************************************************************

政治活動をしたくても、選挙があるので躊躇している貴方や、立候補しているが、形勢が不利で何とか当選したい候補者や選挙参謀の方に、因島のトラ流選挙に勝つ方法(選挙戦術)をご披露します。

選挙区の目抜き通りを、候補者を先頭にパレードを行うと良い。(警察に届け出が必要)、最終ゴールは広場にする。

旋風を巻き起こすには。   

最初は候補者と親族と選対事務所の役員、50人程度でスタートし、カース上に支援者を待機して頂いて候補者に声援を送ってもらい、順次パレードの後尾に参加してもらう。人数が増えるにしたがい、ムードが上がり参加者が高揚してくる。街宣車のスピーカーは午後8時で終わるので、7時30分ぐらいに広場に集まる。候補者の挨拶は3分以内。弁士に「今夜と明日の朝、一人でも多くの、友人知人に電話をかけて投票を依頼してもらうように、熱く演説してもらう。広場には、街宣車を横付けし、演台を設置し、工事用の移動照明器具でステージを照らす。これが成功すると、確実に票が伸びる。

選挙運動は投票日の投票終了まで票集めが出来る。

選挙.jpg

買収対策 インフレ作戦一対一の選挙や、三つ巴の選挙で一つの陣営が泡沫に近い場合の、最後の切り札で買収がどんでん返しの効果が出ます。一対一の選挙の場合、批判票や同情票、天邪鬼の人もいるので、あまり大差にはならず人口の1割程度の差しか出ません。10万人の有権者がいる場合、どんな候補が出ても差は1万票ぐらいしか付きません。5.000票をひっくり返すとプラスマイナスで1万票差が埋まります。通常1票1万円が相場なので相手陣営が7.000万円つぎ込むと形勢は逆転します。この場合の対抗策がインフレ作戦です。このような買収に乗り易い人は小銭が入ると飲みに行くものです。対する陣営が飲み屋に行き、5万円貰ったと吹聴すると、1万円貰った人は憤慨して、頼まれた候補に入れません。1票の相場が一気に5倍に跳ね上がり、7.000万円のところが5倍の3億5.000万円の資金が必要となります。2~3億円の資金はすぐに調達できず、投票日は日曜が多いので土曜日は銀行が休みなので、金曜日中に資金を手配しないといけません。このような買収工作が行われる場合には、警察の監視を他に向けさす必要があるので、暴走族などを使って、夜間暴走させ警察がそちらに気を取られているいる隙に、買収が行われます。防ぐ方法は、尾行とフラッシュ・ドライブレコーダー作戦です。

もし、選挙で当選するとお世話になった方に、丁寧な当選のお礼状を出したいところですが、違法ですので出すと当選取り消しとまではならないと思いますが、起訴され面倒なことになりますし、後々の政治活動に響きますので、手紙やパンフレットでなく、電話でお礼をします。

選挙必勝の初級編

予備知識として、選挙の告示前は、後援会や政治活動で、告示後は選挙活動となり、候補者の名前や似顔絵などが掲載された文書を配れなくなります。告示前に政治団体の届けをして、事務所に看板を出しておきますと、名前の付いた看板でも撤去の必要はありません。

①足し算 

後援会を作り、規約・役員を決めてパンフレットを作り、来たるべき選挙に向けて支援者を募り、会員になってもらう。

②引き算 

市会議員選挙などで複数の候補者がある場合は、定数以下の弱い候補を特定して、その候補者の支援者を引き抜いたり、弱い候補者の地盤を狙い撃ちして、後援会チラシや活動報告などを集中して配布し、弱い候補者の票を減らして、落選する議員を決定的にする。

③掛け算 

足し算は1票1票の積み重ねで、これが基本ですが、有力な支援者や人気のある人に動いてもらって、複数の票を集めてもらう。①の足し算で支援者になっていただいた方の、家族や兄弟、親戚の票をまとめてもらう。一人で10票以上集められる人を、100人集められれば、1.000票集まります。(たとえば会社の役員さんに社員の票を集めてもらう。団体の役員さんに、会員の票をまとめてもらう。親戚の多い人に、親族の票を集めてもらう。同窓会の役員に同級生の票を集めてもらう。)

④割り算 

③の掛け算の反対で、一人で複数集められる人を引き抜いて、こちらの票にする。会社の役員さんの場合は、その会社の大手の取引先を使って、支援者を変えてもらう。団体の場合は、上部団体から下部団体に、支援者を変える指令を出してもらう。

CI(コーポレイティング・アイデンティティ)

後援会活動(政治活動)の時から、イメージカラーを決める。キャッチフレーズとロゴを決める。マスコットマークを決める。告示以降に、イメージカラーとキャッチフレーズ・マスコットマークで、候補者の名前の無い書類でも候補者名が分かる様にしておけば、選挙戦に入ってマスコットマークをつけた文書を出しても、有権者は候補者をイメージする。イニシャル・似顔絵・名前を連想するものは違法とされる。

⑤年寄(選挙経験者・高齢の議員経験者)

年配の方で、地域の事情に精通した方を事務所に迎えると、支援者になってもらいたい人の、親戚・会社関係・仲人・所属断定、婚姻関係、弱点などなどの情報がわかる。運動員のジャンパーで候補者を連想するようになれば一番良い。トータルカラーとキャッチコピーが浸透していたら、告示前にジャンパーや帽子などを配っておく。

⑥言葉づかい

事務所の中では、ため口を使わない。どんな人にも敬語を使う。事務所のパートさんや、各種調達品の配達人にも敬語を使うようにする。その人も1票持っている。どんな人にも・誰にでも・電信柱にでも、支援や投票をお願いする。この人は大丈夫と思っても、必ずお願いする。

⑦電話アプローチ

選挙戦では一番大切で、票集めと同時に情報分析を行い、きめ細かく対応する。告示前は投票をお願いすると事前運動となるので「○○後援会ですが、ご支援をよろしくお願います。」「後援会事務所を開設しましたのでお立ち寄りください」「事務所開きを行いますのでご出席ください」「役員会を開催しますのでお越しください」「この度は後援会にご入会頂きましてありがとうございます。」「○○地区の会合を開きますのでご参加ください。」など、細かく行事を作り多くの人に事務所に来てもらう。告示以降は、選挙事務所となるので電話の内容も変わる。「こちらは○○候補の選挙事務所ですが、出陣式を行いますのでご参加ください。」「こちらは○○事務所ですが、よろしくお願いします。」「○○様よりご紹介頂きました、○○候補をよろしくお願いいたします。」「こちらは○○選挙事務所です。投票日は○○ですが、期日前投票が出来ますので、よろしくお願いします。」投票日し投票は依頼できないが電話アプローチは必要。「こちらは○○選挙事務所ですが投票はお済でしょうか?」「そうですか、投票していただきまして大変ありがとうございました。」

電話をかけたら、反応を記録する。

◎大変反応がよく、激励してくれたり支援者を紹介してくれる。もっと電話をしろと叱咤してくれる。などテンションが高い。

○普通に頑張ってくださいや、はい分かりました。聞いています。

△はい分かりました。めんどくさそうな反応。忙しいので切ります。

×忙しいので電話しないで。かけてくるな。他の人を応援しています。

集計方法一日ご毎に集計して、◎○△×の比率を記録しておく。電話のオペレーターごとに記録しておく。オペレーターによってによって反応の判断が変るので、オペレーターは続けてもらう。地域ごとにも無作為に電話して反応を記録する。こちらがローラーをかけた場所と、掛けない場所の反応の変化を調べておく。極端に反応が悪くなった地域は、相手がローラーをかけた可能性があり、次にはこちらがローラーをかけて、電話の反応で効果を確かめる。企業や団体からの被推薦者に電話をかけて反応を見る。反応が良くない場合は名簿だけの提出の可能性があるので、推薦者に会社の役員や団体の役員から直接電話してもらう。その時は本人以外に、家族や友人に候補者に投票をお願いしてもらえるように、ブッシュしてもらう。

電話のかけ方。

後援会や支援者ハガキを送ってくれた方には、入会のお礼の電話をかける。その時FAXがあるか聞き、留守の時はFAXを入れさせていただくようにお願いする。選挙が始まったら、1)事務所開き2)出陣式3)選挙初戦5)中盤6)後半7)投票日8)当選のお礼。もし落選しても次の選挙に出る予定ならば落選のお詫びの電話をかける。

電話帳から全ての電話に選挙のお願いの電話をかける。出来れば1)初戦2)中盤3)終盤の3回は電話をかけられるように電話機とスタッフを用意する。留守電にはお願いのメッセージを入れておく。不在の電話には時間を変えて、夕方から午後8時まで電話してみる。

最近の光回線の電話は、番号を入力した後つながるまで時間が掛かるので#を押すと早くかかる。何回もかける時に時間のロスが少なくなるので、オペレーターには徹底させる。電話が終わった時、受話器をおろすと「ガチャ」と音がして相手に不快感を与えるので、そっとスイッチを指で押して電話を切り、切れたのを確認して受話器を置く。

情報分析をする場合、どの位電話をかければ情勢がわかるのでしょうか。統計学では5.000人の場合20人に無作為に電話をして、反応を観れば全体の反応がわかるそうです。(0.4%)報道機関の出口調査も、それぐらいで想定して狂いはほとんどありません。しかし1.000人の反応を調べるのに4人ではちょっと不安です。1.000人ぐらいの場合は10人(1%)ぐらいは電話したほうが正確だと思います。時には4~5人(0.5%)くらいに相手陣営の名前で電話すると、より正確なデーターが得られます。

最終的に出たデーターと、選挙結果とを突き合わせ、係数を算出しておく。数度の選挙時、同じようにデーターをとっておくと、おおよその係数が導き出されてくる。

有権者数×過去の投票率と投票日の天気と選挙戦の争点や流れゆムード、などを勘案して、投票者数を算出し係数をかけると、得票が予想される。選挙区を4~5地区に分け、分析して合計すると、一層正確に得票を予想できる。

選挙必勝の中級編

①情報収集と分析と対策

『孫子・謀攻』に「彼を知り己を知れば百戦殆からず。彼を知らずして己を知れば、一勝一負す。彼を知らず己を知らざれば、戦う毎に必ず殆し」(敵と味方の実情を熟知していれば、百回戦っても負けることはない。敵情を知らないで味方のことだけを知っているのでは、勝ったり負けたりして勝負がつかず、敵のことも味方のことも知らなければ必ず負ける)

さて、どのように情報を集めるか。

①電話帳 

NTT発行の電話帳よりも、電話帳業者が作っている電話帳が使いやすい。電話アプローチをする場合にページを分けて掛ける場合があるので、複数必要になる。古い電話帳もあると便利。高齢の一人住まいの方は電話番号を登録しない人が増えてきた。

パソコン 今では必須!!インターネットに接続しておく

データー会社より電話データーを購入してパソコンに入れる。年賀状ソフトをパソコンに入れておくと、NTTに登録してある人の、電話番号を入力すれば住所と氏名と郵便番号がわかる。地図ソフトと連動させると、地図上の場所が特定できる。インターネットに接続したパソコンを事務所に置けば、グーグルの地図ソフトのストリートビュウで見れば、その家の外観が見える。街頭演説の場所を決める場合の参考になる。

プリンター

A3が印刷できるものが良い。業務用プリンターにすると印字速度が速い。名刺などは急ぐ場合手作りする。ハガキが印刷出来る物が良い。推薦ハガキを支援者複数にお願いするとダブりが出るので、電話番号と氏名を紹介してもらい、集計してプリンターで印刷するとダブりが無くなり枚数が有効的に使用出来る。手書きそっくりのフォントを使用すると、印刷と分からないぐらいの物がある。

④コピー機

選挙事務所にはレンタルが便利。指定した日に配達設置してくれて、選挙が済んだら撤去してくれる。パソコンと連動しコピー機やスキャナーの機能が付いたものが良い。出来ればカラーコピー機がよい。最低印刷枚数を出してコピー料金を契約する。

⑤電話機

最近は光回線が来ている場所では、ひかりの契約をすると、ネットも早いので便利です。街宣車用に携帯電話を数台用意しておく。先導車や街宣車に常設しておけば、乗る人が変わるたびに電話番号を聞く手間が省ける。

⑥個別詳細地図

ゼンリンの個別詳細地図。最新版と10年ぐらい前の物もあると便利です。CD版があればパソコンに入れて、ローラー作戦や個々面接を行うとき便利です。

 ※1.告示以後の場合。個々面接と戸別訪問は違います。個々面接は合法で戸別訪問は違法です。基本的には他所のお宅を複数訪問して、特定の候補者の投票を依頼すると違法公職選挙法の解説ブログ が詳しい説明をされています。

⑦地域ごとの有権者数

選挙管理委員会に問い合わせたり、ホームページで入手できます。有権者数とこちらの後援会の支援者の数をチェックする。支援者が100%は投票してくれないので、選挙の詳しい人が分析して獲得票を予想する。

⑧USBメモリー

選挙のデーターをUSBメモリーに入れて管理し、夜間は事務所から別の場所に保管して、パソコンにはデーターは残さない。

⑨金庫

後援会名簿などは夜間は金庫に入れで保管する。相手陣営にこれが漏れると、②引き算作戦をされて、壊滅的な打撃を受ける。

⑩公職選挙法の解説書

法律の条文だけを読んでも、法律書はしてはいけないことを書いてあるが、出来る事は書いていない。裁判の判例を知っていないと正確に何が違法で、何が合法なのかが分からない。

⑪街宣車

街宣車はタクシー会社に頼むと良い。タクシー会社や運転手、その家族の票をお願いできる。街宣車のマイクは、カールコードのウグイス(カラス)嬢用と、車から出て宣伝や演説をするためにコードレスマイクも必要。スピーカーは4個必要で、対角線上に配置する。前と後ろだけに向けていると、横に声が届かない。看板は照明付きにして夜でも見えるようにする。パワーのあるアンプを乗せたら、バッテリーを複数用意して充電しながら交互に使用する。搭載品は、街頭演説用の標識。お水・のど飴・ジャンパーの予備・手袋・肩ぐらいまで届く長いビニール手袋、ビニールのレインコート、ひざ掛けの毛布、透明なビニール傘、タオル多め・携帯トイレ・街頭演説用の台・予備の選挙ビラ(押し鋲)・法定ビラ(街頭演説で配布)

⑫個人演説会はこじんまりと、多くの会場で行うと良い。有権者と近づけ、親近感を持ってくれる。全員に必ず握手をする。両手で包むように握手をする。ポケットに手を入れない。会場はなるだけ畳の間が良いが、高齢者のためには椅子を用意する。最後に畳に座って両手をついて挨拶をする。相手は土下座して頼んでくれたと思い、ほとんどの人が票になる。

⑬街宣車に候補者がのっている場合、5人以上がかたまっていたら車から降りて、両手で握手をする。市議会議員選挙より大きな選挙では効果は絶大。街頭演説は一会場3分程度にし、ウグイスや応援弁士に話をしてもらい、候補者は握手して回る。

 ※2.⑧のUSBメモリーにデーターを入れ、不要な文書はその都度廃棄して、情報が外に漏れないようにする。選挙が終わったら事務所からは書類が残らないように移動したり処分する。最近のデジタルコピー機はデーターが中に残っているので業者に残っているデーターを消去させる。

 選挙必勝の上級編(違法ではないが、少しグレー)

 ◎香典作戦 ここ4~5年にご主人が亡くなったお家で、子供や親せきが多い家に、数珠と香典を持参して、仏壇で線香をあげ手を合わせてお祈りし、香典を置いて帰る。「お祈りする時、無くなった人に、選挙出馬の秘めた思いを告げ、必勝をお願いする。」故人との昔話が出来れば5票ぐらいはなんとかなる。(生前個人に選挙に出馬するように説得されたが今となってしまった。亡くなる前に出馬しておればと悔やまれる…など)男やもめより、未亡人の方が効果が高い。

◎借金作戦 多くの人から借金をして回る。選挙が近づいたら貸主を回り、金が払えなくなったので自己破産しようか、選挙に出て議員報酬の中から返済しようかと悩んでいると相談する。貸主は貸し倒れだと損をするので応援してくれる。選挙費用も頼むと何とかなる場合がある。少しづつ借金を頼むと、相手は仕方ないので貸してくれる。

◎手作り作戦 自分で野菜や果実を作り、ジャム・マーマレード・漬物などを作り、支援者を回る。手ぶらだとあってくれないが、手土産があれば逢ってくれるものだ。一人で10票ぐらい集めてくれそうな支援者を200人選び、四季折々、盆暮れに、手作りの漬物などを持参して、選挙の支援をお願いする。手土産を渡す渡さないは、別にして、支援者に年に数回会うのは次の選挙の準備になる。金品を渡すことは違法だが、手作りの漬物やジャムなどは定価がないので、起訴が困難である。手作りでも、日頃から定価をつけて販売していると、対価が金銭的に評価額が決まるので違法となる。パン屋さんが試供品や試作品として、バンを配布したが商品でないので、起訴猶予となったことがある。

◎IT作戦 今後増えてくると思われる。日頃の活動をホームページ・ブログ・ツイーター・フェイスブックにアップする。後援会のメール会員を募り、5から10ぐらいのグループに分けて、市役所・交通機関・警察・保健所・美容院・理容院・病院・医院・スーパー・商店街・報道機関などから情報を集め、週一ぐらいで、メールで流す。たとえば一般の主婦であれば、スーパーからの特売情報。病院などの休日情報・交通機関の臨時便や時刻の改定の案内などを流す。建設会社などでは、見積もり情報や、病院などの増改築の情報などなど。現在の選挙の法律は、戸別訪問などが禁止されているので、メールを送れると強い武器になる。地元選出の県議や国会議員などより情報をもらい、公表出来る物は報道機関より早く流す。

◎福祉作戦 収入がなくて困っている人を見つけて、生活保護の手続きの面倒を見てあげる。生活保護費がもらえる間は、公費で買収しているようなもので、生活保護費が、年金などより高額な場合があっても是正されない原因は、福祉作戦を使っている議員の反対が一役買っている。

◎艦砲射撃

選挙区以外の同級生・親戚・知人・取引先・各種団体などから、選挙区内の既知に電話で投票を依頼してもらう。他の陣営からは動きが見えず、阻止できない。

◎書類やデーターの廃棄

選挙が終わったら直ちに、事務所の選挙戦の文書を廃棄また、データーをすべて消去しておく。名簿・USBメモリー・請求書・領収書・支払いのメモなどは、事務所以外の場所に移動しておく。事務所が把握していない選挙違反があったりすることもあ。る。事前に警察に出頭する人や、弁護士を決めておく。(選挙事務所の幹部が、金銭で投票を依頼したいたら、当選が無効になるので注意。文書違反は直ちに当選が無効になることはないが、罰金などはあり得る。警察に出頭しても弁護士が来るまでは、しゃべらないようにする。警察も選挙中は情報や証拠集めをするだけで、選挙後に逮捕などをする。選挙妨害ととられるのを警戒している。戸別訪問などは現行犯逮捕があり得る。)

パソコンのハードディスクは、消去してもデーターを復元できるので、USBメモリーや、外付けハードディスクなどを使用する。前にも書いたが、コピー機のデーターも消去してもらう。別人の名義の携帯電話を複数用意して、特別重要な電話はそちらを使用する。後日不測の事態に至った時、通信データーや通信履歴が特定できないようにしておく。

◎今後の選挙では、パソコンやインターネットを使ったIT戦が重要になる。ホームページ・ブログ・ツィター・フェイスブック・メールなどをどの様に活用するかが大切になるが、どこまでが合法でどこからが違法かの、判例が不足している。ある意味、やった者勝ちの状態です。電話オペーレーターの有休参加が困難になれば、事前にFAX番号とメールアドレスと携帯電話番号を登録しておき、一斉配信出来る様にしておくと効果がある。

違法行為

①お金で投票を依頼する。(選挙の重要ポジションの人が有罪になると当選が取り消される場合がある。)

②電話アプローチをする場合。電話を掛ける人を会社関係でお願いした場合、個人の立場で休暇をとって手伝ってもらう。(会社から有休で派遣されると、利益供与で違法となる。)

③文書違反 告示以降は、氏名・似顔絵・文章の先頭で名前を表す(たとえば名前がトラとしたら、んで火にいる夏の虫。いおんの昼寝。と二行の文章を書くと違反になる。)告示前のチラシやパンフレットなどで、名前の横に虎のイラストを載せて、トラ=虎というイメージを作り上げておき、告示以降の文書に虎のイラストを載せると、「因島のトラ」選挙事務所とすぐにわかる。

④看板のサイズ違反 政治団体の届け出をすると、「因島のトラ後援会」などの看板が掲示で来て、告示以降も証紙を張ったものは掲示できる。しかしあくまで看板なので壁に取り付けることを前提とした規則なので、規則ギリギリのサイズで看板を作り足を付けて掲示すると、足の長さも看板の一部とみなされサイズオーバーで違反となる。相手の出陣式会場近くの看板で違反があったらも知っていても黙っておき、出陣式の時刻直前位に違反を警察や選挙管理委員会に報告し、私服警察風の人に写真を撮りに行かせると、相手陣営は対応に慌て、出陣式の雰囲気が悪くなる。

⑤買収 全くの違法行為で、こんな事はしてはいけません。しかし相手がやってきたら、手口を知り防がないといけません。

  ●密室で、一対一で金品を渡し投票を依頼する。これは防ぎにくいが、大量の票は確保できない。村型の数百人規模が当選ラインの場合行われることが多いい。人海戦術で事務から出る運動員を尾行し、建物に入る所を撮影する。小型のビデオカメラをカバンや肩・帽子などにつける。車にドライブレコーダーを付けておく。夜間はフラッシュを光らせると抑止効果がある。

  ●握手をしたとき、お札を相手に渡す。これも村型の選挙で多い。これも防ぎにくいが、尾行と撮影が効果的。

  ●投票日の数日前に、複数で玄関のドアーに郵便が入れられるような住宅に、茶封筒にお金を入れて物を投函し、別の人間がリストをもとに電話で投票を依頼する。買収グループの集合場所を見つけて、相手の車の数以上にこちらも車を用意して、尾行する。夜間行動することが多いので、集合住宅の入り口に張り番をたて、通る人をフラッシュをたいて写真撮影をする。(写真を撮るのが目的でなく、フラッシュで威嚇するのが目的なので、近づかなくてもよい)

質問があれば、お受けします。

続く


統一地方選挙告示 [政治活動]

4月19日いよいよ統一地方選挙の後半が始まりました。19日は選挙事務所の留守番を仰せつかりました。支援している候補の事務所ですが、先発でなく、ショートリリーフです。今回の選対の方針を聞いていないので、何か問題が起きた時の対策ですが、臨機応変のやっつけ仕事担当です。

出先の選挙事務所の一番最初の仕事は、ポスター掲示板の番号の知らせがあったら、ポスター貼り担当者に番号の連絡と、雨が降っているのでタオルで拭いて貼るように指示することです。少し遅れて8時55分ぐらいに本部より連絡が入り、二人で手分けして、6カ所に連絡。9時には完了。

次には、15時ごろ街宣車が因島に入ってくるので、それの対応。それまでは来客の対応です。午前9時50分に別の助っ人が事務所に来たので、選挙の状況偵察に町を走ってみました。ポスター貼りの状況で各候補者の選挙事務所の内容が分かります。

150419_095603-2.jpg

我が陣営の因島の対応は、まずまずの滑り出しです。責任の一つはクリアーしました。が、あれあれ市会議員の方のポスターが1枚だけです。それも因島以外の島外のポスターです。地元の市議候補もがっばってください。21番は「お主、出来るな!」

事務所に帰り、街宣車の受け入れ準備。瀬戸田会場よりの連絡が入りません。予定より15分遅れています。因島側の先導車をインターで待機させ、候補者の車と街宣車を待ちます。5分遅れで候補者の車が来島。「街宣車を見失った!」との連絡。よくある話なので、北側のインターに車を出し、出迎えの準備。10分遅れで街宣車到着との連絡。「良かったよかった」街宣車が候補者と別の道を走ったようです。時間のロスを計算しているので、これぐらいは大丈夫。先乗りが大声で演説をして時間稼ぎをしてくれるはずです。あとは雨の心配ですが、最近はXバンドMPレーダー雨量情報があるので便利です。 西から雨雲が近づいていますが、街頭演説までは天気がもちそうです別の候補の街頭演説は1時間後ですが、気の毒に5ミリ以上の雨になるでしょう。こちらの陣営のスタッフには雨が降るので長居は無用と連絡しました。予定より数分遅れで街頭演説は終了の連絡あり。

ほぼ時間通りに、街宣車が因島のインターを出たとの連絡が入り、任務は完了です。80点ぐらいの出来でした。


椋浦にチラシ配り [政治活動]

4月7日椋浦町に後援会のチラシ配りに行きました。椋浦町は江戸時代には廻船業で栄えた町です。当時の因島では500石船が主流のころ、椋浦町では1000石~1500石の大船が20隻余りもあり、盆正月には大船が帰ってくると、大層な賑やかさだったそうです。今はその名残の大石灯籠がひっそりとたたずんでいます。

150407_161124-2.jpg

 謂れを書いた看板です。

150407_161153-2.jpg


カメイ静香事務所因島開設 [政治活動]

11月24日第47回衆議院議員選挙広島県小選挙区 広島6区では、前回当選の亀井静香候補の後援会事務所の事務所開きが行われました。所在地は、因島田熊町竹長区(元プリンスパチンコ店跡)です。

広い事務所には、熱心な亀井支持者が集まり、カメイ静香候補予定者の話に聞き入っていました。

141124_133321.jpg

亀井元代議士は、「東京で新党設立に奔走していたら突然の解散となり困惑している。この時期の解散に大義はない。アベノミクスの招いた円安では、日本国は良くならない。地域の活性化として道路・トンネル整備などにも力を注いでゆく。」と出馬の意向を力強く放されました。

応援弁士より、「地域から2名の国会議員を輩出することは地域活性化にとって重要なことだ。自民党の小島敏文候補は、前回の様に比例で当選確実なので、小選挙区からは、亀井さんが当選すれば、第6選挙区にとっては一番良いことだ」と力説されていましたが、その通りだと思います。選挙区から2名国会議員がいるところは少ないと思います。

是非亀井さんに当選していただき、13期の衆議院議員として、国政に、地域に働いていただきたいと思います。

カメイポスター-2.jpg

前回の第46回衆議院議員選挙広島県小選挙区 広島6区データー

対象行政区:三原市(第4、5区に属しない区域)、尾道市(第5区に属しない区域)、府中市、三次市、庄原市、世羅郡、神石郡

公示日2012年12月04
投票日2012年12月16
選挙事由解散
定数 
立候補者数3
有権者数321,391人
投票者数194,566人
投票率60.54%

当選 亀井静香 衆議院議員11期 得票 91.078票

   小島敏文 元県議会議員    得票 78.747票

   花岡多美世             得票 16.046票

選挙とは関係ありませんが、自民党、国民新党、みどりの党など、看板良く変わるので、カメイさんの事務所の看板を利用して、イノシシ狩りの猟犬の子犬の柵に使わせていただきました。可愛い子犬たちも、今は成長して立派な猟犬となりイノシシ退治をしています。

http://youtu.be/gAHPOJFN1Bg


選挙が終わりました。 [政治活動]

12月16日衆議院選挙がやっと終わりました。

応援していた亀井候補が12.000票差で、当選しやれやれと胸をなでおろしました。

自民党の候補も比例で当選し、広島は自民党王国となりましたが、カメイ党も、支持者が高齢となりましたが、まだまだ元気が良いようです。

Image016.jpg
Image018-2.jpg

年内の選挙で、大慌て。 [政治活動]

何時か選挙があるだろうとは、思ってはいましたが、突然の解散で年内の選挙。

投票まで1カ月足らず。

事務所の準備はできましたが、新しく党を作ったりで、選挙ポスターや、後援会の入会カードなどが、果たして、間に合うのでしょうか。

こんな選挙は、初めてです。 イノシシ狩りも少し、セーブして、選挙の応援に専念しましょう。仕事もあるので、そちらがおろそかになりそうです。


泉和幸先生の講演会 [政治活動]

3月31日ホテルいんのしまで、自由民主党因島支部の総会が開催され、講師として泉 和幸先生の講演が行われました。1時間の予定が1時間30分と、30分超過し、司会を仰せつかったものとしては、四苦八苦の運営でした。

Image013-2.jpg

講演内容は、3時間分を1時間では収まらず、無理やり端折っていただいて1時間30分かかりました。内容として、詳細は後日追加いたします。とりあえず講演内容を簡略してお伝えするならば「アメリカ中心・ドル中心から、旧イギリス連邦の台頭・中国の台頭・アジアの台頭などをグローバルな視点で、今後の世界情勢を読み切る必要がある。」

その後懇親会に移りました。

Image014-2.jpg
Image015-2.jpg

前の10件 | - 政治活動 ブログトップ