So-net無料ブログ作成
有害鳥獣駆除 ブログトップ
前の10件 | -

止めさし依頼 [有害鳥獣駆除]

11月13日T頭さんから、くくりワナに掛かったイノシシの止めさし依頼がありました。昨日最後にイノシシを追いだした場所のすぐ横の竹林の中です。一度逃げて、帰ってきていて、掛かったようです。この付近の農家の方から駆除の依頼を頂いていたので、喜んでもらえます。

IMG_2459-2.jpg

大きさは先日逃げたイノシシ位の、45〜50kgのイノシシです。

IMG_2447-2.jpg

20番の上下二連に、レーザーサイトを付けているので、眉間にポイントを合わせて、一発でした。

IMG_2450-2.jpg

眉間より少し上に当たっていました。

IMG_2456-2.jpg

50キロぐらいの雄イノシシでした。引き出すロープは、シートベルトをリサイクルした物でした。

IMG_2392-2.jpg



2017-11-13 12:10  nice!(0)  コメント(0) 

猪・捕獲犬猟能猟技会 [有害鳥獣駆除]

11月12日尾道市の猪捕獲犬の認定を受けるための「猪・捕獲犬猟能猟技会」に参加しました。

171112_082241-2.jpg

集合場所は、生口島橋の真下の記念公園です。

171112_081758-2.jpg

参加頭数は、34頭で、我が家からはすでに認定済みですが「アムロ・レイ」通称レイ君と「レディ・がが」通称ががちゃんの2頭です。

171112_081738-2.jpg

参加した猟犬の中では、レイ君9歳が最年長でした。レイ君は今年初め大怪我をして死線をさまよいましたが、何とか元気に猟が出来るまでになりました。

171031_170327-2.jpg

手前がレイ君で、右奥がががちゃんです。担当は④番で、料金所の近くで横を自転車道が通っています。

171112_084716-2.jpg

ココからは徒歩で山に入りました。

171112_104520-2.jpg

昔の栗林でしょうね、栗のイガが沢山落ちていました。ががちゃんのリードを放すと20分ぐらいでイノシシ発見。シダに向かって吠えていると、近くの猟犬も寄ってきて、10頭近くが50㎏ぐらいのイノシシを囲むので、撃てませんでした。

昼前に下山途中で、池のほとりの紅葉の綺麗な樹をパチリ。

171112_104210-2.jpg

大会終了後、昼食を摂り、因島に帰って中庄町で駆除を頼まれている場所に向かいました。イノシシの居そうなヤゲリに近づき、ががちゃんのリードを放すと、わずか数分でイノシシ発見。まだ銃を袋から出していません。慌てて袋からだし弾を込めて向かいましたが、あっという間に走られてしまいました。

その後も周辺を探索し、茶臼山城跡まで登りました。

171112_130526-2.jpg

下山途中で、ががちゃんが再度イノシシ発見。追いかけましたが、こちらのイノシシにも逃げられてしまいました。

「うっうっうっ、3連敗」

また、連敗が続きそうです。



2017-11-12 16:35  nice!(0)  コメント(3) 

引き出しのお手伝い [有害鳥獣駆除]

11月10日バンパーを直してもらっていると、くくりワナの止めさし依頼が、自動車やさんに来ました。

「70㎏」との事でしたが、遠くから見るとイノシシは小さく見えるので、大きいイノシシだと、二人では難儀をする場合があるので、引き出しのお手伝いに行きました。

IMG_2399-2.jpg

遠くから見ると小さく見えました。

IMG_2404-2.jpg

車に積むと、大物です。三人で正解でした。量ると89㎏で、約90㎏の大ものでした。

55kgと比べると迫力が違います。


2017-11-10 22:20  nice!(0)  コメント(2) 

イノシシ捕獲 [有害鳥獣駆除]

11月10日大山峠で、銃猟でイノシシを獲りました。

大山峠からレイ君ががちゃんと奥山目指して登っていると、20分ぐらいで大シダの中のイノシシ発見。20分ぐらいでイノシシは動いてしまいました。8連敗です。

その後、奥山の頂上まで登り、観音様を見てみると、イノシシか何かに、倒されていました。

171110_075113-2.jpg

そこで一句「鮮やかな しとねで眠る 地蔵尊」


季語が入っていませんでした。

 読み直し 「紅葉の しとねで仰ぐ 地蔵尊」

        「紅葉を 仰ぎて眠る 地蔵さん」こちらの方が良いかな〜あ。

 

元通りに起こして、他の観音様と同じ方向に向かせました。

171110_075318-2.jpg

頂上の小さな観音様も倒れています。

171110_075718-2.jpg

こちらは小さいので簡単に直りました。

171110_075812-2.jpg

下山に当たって、イノシシ猟の成果をお気に入りの観音様に、よくよくお願いして下山しました。

171110_075856-2.jpg

降りてくると先ほどの大シダの横の大シダで、イノシシ発見。

さっそく、観音様のご利益があったようです。


30分ぐらいやり取りの後、レイ君めがけてイノシシが出てきました。

ガサガサガサと茶色いものがシダから出てきたので、てっきりイノシシと思い、狙いを付けていると青いLEDがぴかっと光りました。GPSのあかりで、レイ君が逃げてきのが分かり誤射が防げました。2秒ぐらい後、今度はイノシシが出てきました。

「バーン」と一発、横を見せたので「バーン」しまった。頭が見えないので、首を撃ったつもりが胸を撃ってしまいました。


60㎏以下の中型イノシシです。

171110_083951-2.jpg

ここから車まで下り坂なので、一人で降ろせそうです。

171110_084127-2.jpg

車のシートベルトを利用したイノシシ引出しベルトが大活躍。普段はペットボトル入れに収めています。

IMG_2392-2.jpg

肩に輪をかけて引っ張ると、腕に力を入れずに引っ張ることが出来ます。パテントは取っていませんので、一本作っておくと便利です。

最後は、少し段差があるところでフネに乗せ、手ごろな樹を2本切りスロープ代わりにして、車に乗せました。

IMG_2391-2.jpg

処理場で量ってみると、55㎏。胸を撃ったので、ワンちゃん用のお肉が沢山採れそうです。グスン。

IMG_2388-2.jpg


2017-11-10 15:22  nice!(0)  コメント(0) 

因島警察統合反対 [有害鳥獣駆除]

11月8日因島銃砲保安協会の総会が、3時開会の予定が4時30分に遅れました。中庄町の柵に囲まれた畑にイノシシが居すわって、対策に追われ1時間30分も遅れてしまいました。結局麻酔銃を発射しましたがイノシシが大きく、薬の効果が及ばず結局、住宅密集地のの中を走り回り、山に逃げて行ったそうです。

0.png

約60㎏ぐらいのイノシシで、麻酔銃の薬は約4cc程度で、効果が出るには、10発ぐらい撃たないとイノシシは昏睡状態にならないようです。

尾道警察と因島警察の統合の話が出ていますが、住民説明でデメリットの説明がありません。合併しても今と同じサービスが受けられると説明していますが、中庄町でイノシシ大暴れしているような緊急事態に対応できません。

現在でも対応しきれないのに、10人以上人数が少なくなったら、複数の事案が発生したら、本庁から応援を呼ぶそうですが、橋を渡ってきていたのでは、間に合いません。


住民説明で、デメリットの話が無いのは、統合した後の細かい、分掌(仕事の分担)が決まっていないのに、住民サービスは変わらないと説明するのは、特殊詐欺以上に住民を惑わす行いです。


警察の統合のメリットばかりを強調していますが、地区の自治組織の区長会には、デメリットの説明がありません。

細かい分掌を決めていないのですから、本当に正しいメリットとデメリットの説明が出来るはずがありません。


細かい分掌を決めて、住民説明会を行い、民意を問うべきではないでしょうか?

0.png


特殊詐欺がはびこる背景には、行政が説明責任を怠り市民に情報を与えないまま、盲目的に従わせ、批判をさせない風潮があると思います。


2017-11-09 00:57  nice!(1)  コメント(1) 

イノシシパトロール [有害鳥獣駆除]

11月5日射撃講習会の後、イノシシパトロールに向かいました。天狗山林道の入り口で、この近くに家内の実家の山があるそうですが、義父が一度子供のころに行ったことがあるそうですが昔の話なので現在ではこの付近という事は分かるのですが、場所が特定できません。

171105_170100-2.jpg

イノシシの足跡がある竹林から登ってみました。

171105_170049-2.jpg

しばらく登ると大シダがあり、ワンちゃん達がイノシシ発見。30メートルぐらいのシダの中をイノシシがあっちに行ったりこっちに来たり。1時間ほどして、どっどっどっどと大きな音を立てて、逃げて行ってしまいました。

捲る時の足音から判断して、60㎏以上のイノシシの様でした。足跡を探しましたが薄暗く良くわかりませんでした。

残念、これで6連敗あれれ7連敗かな。30分ほどでワンちゃん回収。帰り道で夕日の景色に感動。

171105_170519-2.jpg

山の上をジェット機が飛んでいきました。因島の上は航空機の航路が沢山あるので、1時間で10回ぐらい飛行機を見ることがあります。

171105_170542-2.jpg

飛行機を見ると、旅心が刺激されます。


「山の端を、いずこにむかう、ジェット雲 」


2017-11-06 11:23  nice!(0)  コメント(0) 

天気予報に騙された。 [有害鳥獣駆除]

10月21日今日は午前中は曇りで、12時まで雨が降らないとの、天気予報を信じて大山峠にイノシシ駆除に行きましたが、オオシダのイノシシを見つけたところで雨が降り始め、鉄砲がずぶ濡れ。

足元がぬかるむ前に、あわてて下山。大きそうなイノシシだけに残念でした。


当分銃の手入れをしていないので、乾燥と油拭きしてやりましょう。


雨の日も使うので、所々錆が出始めました。

現在68歳、77歳がゴロが良いので、それぐらいまで使いたいと思います。


明日の向島の狩猟講習会は美人がそろって参加されるそうなので、張り切って出席しましょう。


2017-10-21 18:13  nice!(1)  コメント(0) 

イノシシ捕獲36キログラム [有害鳥獣駆除]

10月17日土生町赤松上区で、36㎏の雄イノシシを、弁当箱タイプのくくりワナで捕獲しました。

CIMG0002-2.jpg

暗い竹藪の中にうずくまっていたので、大きく感じましたが、思ったより小さいイノシシでした。

CIMG0006-2.jpg

まだ、脂はのっていませんが、もう少し寒くなれば、肥って50㎏ぐらいにはなっていたでしょう。

手がまだ治っていないので、M上君に処理はお任せしました。


2017-10-17 21:08  nice!(0)  コメント(0) 

弁当型くくりワナの設置 [有害鳥獣駆除]

10月11日弁当型くくりワナの設置を設置しました。この後ムカデに手をやられたので、細かい説明は後日するとして、とりあえず写真をアップしておきます。かなりノウハウが詰まっていますので、写真を見ながら考えてください。

171011_133800-2.jpg

(説明-斜面のスレですが、横に歩いているので水平になっている。自然の枝が落ちていて、イノシシが同じ場所を踏んでいる。樹が生えているのでスレ(通る場所)が狭くなっている。ワナをセットする前の状態を覚えておいて同じように復元する。

171011_134049-2.jpg

深い穴を掘らなくても良いのが、弁当箱タイプの良いところですが、4㎝ぐらいは土を掘るので、掘った土はバケツに入れて、離れた場所でまく。私のやり方は根っこはなるだけ切らないようにする。周囲の草も傷つけないようにする。

171011_135036-2.jpg

ワイヤーをセットして弁当箱にセットする。動作が軽いとイノシシは足を上げるので体重がかかるまではワナが作動しないように、割りばしやシュロノ枝を切って端にはめる。事前にどれぐらいの加重で動作するか調べておく。今回は20㎏以上で作動するので、ウリ坊や野良犬では動作しません。

171011_135823-2.jpg

落ち葉を弁当箱の周りにおいて、砂が入って動作を妨げないようにする。周りの表面の土を寄せてきて、ワナが隠れるまで土をかける。最初の状態が落ち葉が少なかったので同じように土を多めにまきました。

171011_140103-2.jpg

バネが入ったパイプを見えない様に、近くのシュロノ葉をひいて隠す。山側にイノシシが踏まないように石を置く。手前の枯れ木は、地面においているので弁当箱に近くに置く。向こうの最初から落ちていた枝は地面から少し浮き上がっているので、10㎝ぐらい離しておく。バネとワイヤー以外はステンレスで弁当箱を作っているので、6ヶ月ぐらいは放置していても動作します。

171011_135028.jpg

ワイヤーは、イノシシの通り道から見えない側に回して、地面から50~100㎝ぐらい上に括る。水平にワイヤーをひくよりは斜め上方向に足が引っ張られるので、ワイヤーが切れにくい。遊びは少なくする方がワイヤーが切れにくい。イノシシが暴れて上に引かれると斜面ではイノシシは転びやすいので、止めさしが槍で出来る。より戻しは自由に回るようにする。標識はヒラヒラするとイノシシが警戒するので動かないようにひもで縛る。ワイヤーはコブを作りくくってあるので、まず

解けることはないが、念のために針金でくくっておく。巻き結びでワイヤーを固定すると、長く設置していると樹が成長して解けなくなることがある。

農林課から、ラミネートの標識は良くないと書類が来ている。、規則ではプラスチック又は鉄製の標識に1センチ以上の文字を書いたものを掲示する、とあるので、ラミネートがプラスチックでは無いという理由を農林課に問い合わせているが返答がないので、そのまま使用している。イノシシが掛ると食いちぎられて消耗するので、作る時には一度に50枚ぐらい作るが、それでも1年は持たない。ラミネートの標識に穴を開けるときには、紙が無い部分をつくり、そこに穴を開けないと水が入って長持ちしない。穴はたくさん開けておくと、穴が千切れても何回も使用できる。ワナを掛けたら周りを歩いて臭いを分散させて、ワナがめだたないようにする。近くに10か所ぐらい土を掘り返し埋め戻して、ダミーの穴を作る。イノシシの警戒心が解ける。

近くの木に別の標識を吊るし、イノシシがワナに掛かって吊るした紐が切れるようにして、近くに行かなくてワナに掛かったのが分かるようにしておく。

近くに行かないので匂いが付かないのと、イノシシが暴れてワイヤーが切れ、見回り隊員が怪我をするのを防ぐ。

私は30個ギリギリまでワナを掛け、見回り隊を作って、見回りをしてもらっています。

この弁当箱タイプは近くの金属加工所で50台ほどまとめて作ったので、バネ・パイプ・ワイヤーは自分で加工すれば、4.000円以内で作成でき、押しバネなので初心者にも安全です。

確実に獲るためには、動作を固くするために、割りばしをセットするのに工夫が必要です。


2017-10-12 10:48  nice!(0)  コメント(0) 

やられました [有害鳥獣駆除]

10月11日昨日は、弁当箱くくりワナを3台仕掛けて、最後に標識をセットしようと、直径5センチぐらいの樹の30㎝ぐらい上を掴んだ途端。

左人差し指に「チカン」ときて、あとは激痛が走りました。高さからから考えて蛇の可能性はほとんどありません。蜂かムカデでしょうが、羽音がしないのでムカデでしょう。

き傷痕を調べましたが分りません。ムカデにしても小さいムカデでしょう。毒を抜き出すために持参していた、ドクターヘッセル インセクト ポイズンリムーバーを使って痛みを少なくしようと思いましたが、傷口が分かりません。適当に痛みが強い部分の毒を捨てだそうとしましたが、吸い口部分が指には大きすぎます。以前使っていたものは、もっと口が小さかったので説明書を読むと、吸い口の向きを変えられるようになっていました。適当に吸い出しましたが、痛みは激しくなり、悪寒が走り始めたので、病院に行くことにしました。幸いかかりつけの外科医院が10分以内の所があります。

患者さんも少なく、知り合いの患者さんから順番を譲っていただき、傷口を見てもらいましたが、分かりません。少なくとも蛇ではないので、ムカデという事で治療していただきました。

消毒・痛み止めの注射・点滴・さらに点滴に痛み止め、体温と血圧には異常がないので、家に帰り静養しました。

刺されていない右手は、静脈が浮き出て年齢相応のシワシワがあります。

171012_081716-2.jpg

刺された左手は、パンパンに腫れ上がり、紅葉のようです。(そんなに可愛くないですか)

171012_081745-2.jpg

静脈も腫れ上がっているので、全然見えません。

手のひら側は、少し指が腫れているだけです。

171012_082232-2.jpg

昨夜は傷みがひどく、眠られないほどでしたが、今は傷みが引いて、痒みが強くなりました。早く治らないとお祭りのお手伝いに支障が出ます。


2017-10-12 10:38  nice!(0)  コメント(0) 

前の10件 | - 有害鳥獣駆除 ブログトップ

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]