So-net無料ブログ作成

有害駆除のカラス [有害鳥獣駆除]

4月3日平成29年度有害鳥獣初の獲物はカラスでした。猟の初めの頃はカラスの駆除は簡単だと思っていましたが、5年を過ぎたころから車と顔と銃の形を覚えられてしまい。空気銃の射程距離50m以内に近寄せてもらえません。見張りのカラスに警戒の叫び声をあげられて、一斉に飛び立って行ってしまいます。

カラスとフクロウが争っているCDを流し、カラスとフクロウのデコイを用意して、数回は撃たせてもらえましたが同じCDでは寄ってこなくなりました。因島でカラスの駆除を得意としていた方が止められたので、カラスが増えています。

CIMG0001-2.jpg

鳥取県立農業大学校の「カラスの学校」を参考にして、大型箱ワナを使って駆除の予定を立てています。

有害駆除でカラスの報償費は、尾道市が1羽500円国からが200円、1羽づつ足を切り写真を写さないといけません。

箱ワナの製作費が約10万円、えさ代が4万円で合計14万円 200羽でやっとトントンですネ。