So-net無料ブログ作成

理想的な、イノシシ狩りと駆除 [有害鳥獣駆除]

理想的なイノシシ狩りと駆除の体制を考えてみました。(あくまで因島における個人的な考え方です。)

ワナ免許と銃猟の狩猟免許を取得し、駆除班に指名してもらう。

理想的には

①ワナは箱ワナを20台くくりワナを10台設置し、地域より協力者を募り、ワナの見回りを手伝ってもらう(見回り隊)。箱ワナに掛かったイノシシは電気で止めさしを行う。くくりワナには目印や無線機を仕掛けて離れた場所から見回りが出来る様にして見回り隊の危険と労力を軽減する。止めさしは銃を使用する。くくりワナは銃での止めさしを考慮して、住宅密集地を避けて設置する。(箱ワナは1台3万円程度の安いものを補助金や駆除費を当てて1年に3台程度づつ増やしていく)

②箱ワナや、くくりワナに掛からない、悪賢いイノシシは、グループで猟犬を使用して、寝屋から追い出し銃で撃つ、マキ狩りを行う。(個人的に健康維持のために、イノシシパトロールを行う。)

尾道市の中の因島地区は、因島猟友会と駆除班があります。猟期中は猟友会として活動し、猟期以外は駆除班としてイノシシ狩りを行っています。

因島の現状      駆除期間のイノシシに対する報奨金は、成獣猪1頭に付、尾道市より5.000円。国から県を通して8.000円計13.000円その内の1.000円を猟友会や駆除班の諸経費として上納します。(手取りは12.000円)しま模様が残っている幼獣は尾道市より5.000円国より1.000円計6.000円その内1.000円を上納(手取りは5.000円)農林業関係者で駆除班の者が箱ワナを購入すると市から30%上限3万円の補助が出ます。報償費は共同駆除以外は、捕獲者が総取りです。

名称未設定 1のコピー.jpg


ワナのカタログ [狩猟]

オーエスピー商会さんより、新しいワナのカタログが届きました

 scan-2749-4.jpg

こちらの商品は「日本一安い」かは不明ですが、お買得な価格です。通信販売などの諸費用と手間と、品ぞろえから考えると、総合的には「かなりお安い」と言えます。私の場合では、年間5~10万円はコチラから購入しています。どちらのメーカーの商品でも、仕掛けと原理を調べ、地域にあった仕様に改良して使用しています。時期的には6~8月までは箱ワナで、ウリ坊と小型のイノシシを狙います。それ以外の季節には、箱ワナとくくりワナを併用して、使用します。くくりワナは、設置する場所が重要なので、山を歩いて掛ける場所を選定するのが、暑い時期は大変です。

猟犬を使ったイノシシ猟は、痛快ですが費用や手間を考えると、趣味と考えています。銃の所持の煩わしさは、何とかならないものかと日々嘆いています。イノシシが増えた一因であると思います。もう一つは、愛犬が怪我をすることです。防刃(ボウジン)ベストを着せていても、怪我をします。

今回のカタログには、スエージャーの使い方が丁寧に出ています。使い方を間違えると、イノシシがワナから逃げ、見回りの危険が増大します。 

scan-2749-2.jpg

使用上の注意として、注油が大切です。油をささないと、早く切れ味が落ちてしまいます。

scan-2749-3.jpg

ご一報くださいとありますが、連絡を取ると「新しいボルトを交換するように」とのお話があると思います。交換すると、切れ味が戻る場合があるそうです。別にワイヤーカッターを使うのは、大変に手間が掛かるので、「注油をお忘れなく。」

因みに、油はスズキ機工株式会社の、LSベルハンマーが入手できれば、これが良いですので、お薦めします。


猪の捕獲、今期34頭 [有害鳥獣駆除]

8月29日今期34頭目のイノシシを駆除しました。竹藪で、後ろ足を2本、くくりワナのワイヤーに掛かって、崖からぶら下がっていました。小型なのと動けない状態なので、ワイヤーにアースを取り、首筋に電気ショックの電極を刺して駆除しました。運び出すのが重かったので、30㎏はありそうでしたが、量ってみると26㎏でした。

CIMG0003-2.jpg

秤を少し拭いたので、汚れが少し落ちました。 

CIMG0004-2.jpg

雨が降ったので、因島ではイノシシ捕獲ラッシュです。I川さんの箱ワナにも25㎏の雄イノシシが掛り、同級生のT中君の箱ワナにもイノシシが掛りました。

 CIMG0009-2.jpg

量ると、50㎏の雄イノシシで、二人のイノシシを合わせたぐらいの、良い型でした。昨日は田熊町チームもイノシシが獲れたそうで、箱ワナを増設した効果がでてきました。やはり、箱ワナは数で勝負ですね。


ロータリークラブ2710地区指導者セミナー [ロータリークラブ]

8月28日、広島市のホテルグランビアで開催された、ロータリークラブ2710地区指導者セミナーに出席してきました。

CIMG0043-2.jpg

第2710地区では、広島市に事務所があるので、研修会などはホテルグランビアで開催されることが多いです。

CIMG0041-2.jpg

CIMG0018-2.jpg

今年度は、ガンの予防とポリオ撲滅に力を注ぐことになります。何をするにも、数は力なりで、会員数の増加を図るため、パネルディスカッションが開催されました。

CIMG0042-2.jpg

ロータリークラブの会費や各種参加費をカードで支払うことによって、0.3%がポリオ撲滅のための資金になります。

CIMG0032-2.jpg

皮算用では350億円の0.3%の、1億円がポリオ撲滅のための、ワクチン購入に当てられます。

CIMG0033-2.jpg

諸経費を考えないと、約175万人分のワクチンが購入できる計算となります。あなたも、是非ロータリークラブ会員になってください。


因島水軍まつりのお手伝い [土生町区町会]

8月27日因島水軍まつりのお手伝いに、大浜の会場に行きました。土生町区長会の担当は、大松明のお世話と、かがり火の担当です。砂浜のすぐ近くで火を点けて、薪を足して消えないようにする係です。今回は適当に風が吹いていましたが、薪を足すときには、暑いではなく熱いという感じでした。

160827_195604-2.jpg

今年の厄年の担ぐ大松明は、火の勢いが弱って、迫力が少なくなってしまいました。

160827_201402-2.jpg

花火は、新作が上がったりして、大変好評でした。




イノシシウオッチング、親子のイノシシ [徒然]

H28年 8月 23日中庄町にお買い物に行った帰り道、道路が通れるようになったので、水軍スカイラインに、イノシシウオッチングに行きました。鏡浦町と椋浦町の中間ぐらいで、イノシシを2頭見つけました。1頭のイノシシを見つけたので車を止めると、後ろからもう1頭、子供と思われるイノシシが現れ、一緒になって視界から消えました。

H28-8-23イノシシ.jpg

動画はコチラ



24日もイノシシウオッチングに行くと、子供イノシシが慌てて茂みに逃げ込む、お尻だけ見る事が出来ましたが、画像は省略


70㎏のイノシシを箱ワナで捕獲! [有害鳥獣駆除]

8月22日月曜日は仕事があるのと、ワンちゃん達を休ませたいので、イノシシパトロールは中止です。5時ごろ目が覚めましたが、もう一眠りしようと横になると、見回り隊から電話がかかり、「箱ワナにイノシシが掛っとるが、今度は大きくて、牙があるよ」とのことです。早速海君の治療費の足しになりそうなので、見回り隊に連絡し、7時30分に二人集合をお願いして、現地に3人で向かいました。

現場で見ると、大きな雄のイノシシで、箱ワナをかじっていますが、牙が見えません。牙はと聞くと現地の見回り隊員が、「さっきオリをかじった時、牙が飛んできたよ」という事で、草むらを調べると、飛び散った2本の牙の1本が見つかりました。

 160822_173544-2.jpg

イノシシは人が来たので、さらに大暴れ、何度も檻の扉に体当たりするので、鼻の骨が折れているようです。

CIMG0018-2.jpg

電気ショックを使いましたが、イノシシが体をひねった時、電極が折れてしまいました。仕方ないので、槍で突くと引き抜くのが少し遅れたので、槍の先がポキリと折れてしまいました。なかなかと手ごわいイノシシです。(槍の使い方、イノシシの肩甲骨(通称ハゴイタ)の後ろから前に向いて、刃を立てて、肋骨の間から少し前に向けて刺し、すぐに引き抜く。遅れると今回のように折れる)

次にはワイヤーの輪っかをイノシシに噛ませ、鼻をくくって3人掛かりで引っ張り固定して、ノドにナイフを突き刺して、止めをさしました。(棒の先にワイヤーを取り付けイノシシの前に近づけると、イノシシが噛むので、噛んだら棒を押して輪を締める。引くと掛からない。ワイヤーには長めのロープを付けて、近くの樹に一回りさせて曳くと楽に寄せられる。ワイヤーは天井から入れるとイノシシのノドを刺しやすい。)

CIMG0022-2.jpg

体重は約70㎏の雄イノシシでした。

CIMG0021-2.jpg

次は、ウリ坊を1頭。  …  成獣の方が良いけど…。 「私、欲張りです。」


海君、負傷 [有害鳥獣駆除]

7月21日有害駆除で、大山峠にイノシシパトロールにいきました。

 CIMG0004-2.jpg

時々大型のイノシシと遭遇しますが、逃げられてばかりです。突進タイプの「海」君には防刃ベストとGPSを付けました。他のワンちゃんにはGPSだけ装着です。

CIMG0002-2.jpg

ところがです。10分もしないうちにイノシシ発見。大シダの中で、「ブーブー カチカチ ドドド」イノシシがワンちゃん達を脅しています。「まくる(捲る)」と言います。レイ君がシダに向かって「ワンワンワンワン」と吠えたてます。イノシシはさらに威嚇してきます。「ドドド」すごく大きな捲り音がします。シダの中は真っ暗で様子がつかめません。上下2連では、続けて2発しか発砲できません。自動銃てさえ、無理やり3発に制限されています。本来は5発ぐらい撃てる銃に、スベーサーを入れて弾が3発しか撃てないようにしています。恐らく体重は70㎏から100㎏に近い大猪です。20番の上下二連では、シダの中に入る技術は持っていません。回り込んでイノシシの逃走ルートに移動しようとしたその時、「ドドドド」とイノシシが動きました。「キヤン」と海君の悲鳴がします。

「ドドドド」イノシシは、ワンちゃんを振り切って、青影山方向に逃げ出しました。レイ君と海君、ががちゃんが後を追いかけながら、「ワンワンワン」「キャンキャンキャン」3頭が追い鳴きをしながら、イノシシを追いかけて行きます。ワンちゃん達は生きているようです。

青影山方向に移動しましたが、400mほど移動した所で、GPSの範囲外になり、方向と場所が分からなくなりました。20分ほど待っていると、レイ君が、足を引きずりながら帰ってきました。調べましたが、擦り傷だけで、足は古傷が痛むようです。しばらくするとGPSに海君の電波が入りました。わずか80m位まで、帰ってきていました。大声で呼ぶとヨタヨタヨタとふらつきながら帰ってきました。調べると右肩をイノシシに切られています。応急治療では済みそうにないので、お医者さんに連れて行こうと、車まで帰ると、ががちゃんもトボトボ帰ってきました。ガガちゃんを調べましたが、怪我はなく、疲れているだけのようです。熱中症になりかけて、水の中に入り体温を下げて来たようです。ががちゃんのお腹を調べている間に、海君が、放れて再度イノシシに向かっていきました。あっという間にGPSの範囲外です。

1時間ほどして、海君が帰ってきましたが、今度は左肩と、あごの下も切られて血が出ています。暑いのでイノシシのヌタ場で体を冷やしたので、傷口が泥だらけで、イノシシの汚物の臭いがプンプンしています。

家に帰り、獣医さんに連絡すると、休日ですが診ていただけるそうです。井戸水で泥と傷口を洗って連れて行きましたが、汚れが酷いので、切開して汚れた部位を切除しないといけないそうです。全身麻酔やら、休日診療、手術代、化膿止めの薬代、3万円弱の出費でした。

海君は、尾道市のイノシシ捕獲犬の指定を受けているので、申請すると、治療費の半額が給付してもらえます。鎮静剤が効いているので、家に帰ってもぼんやりしています。

CIMG0005-2.jpg

左肩の傷跡も、痛々しいです。

CIMG0008-2.jpg

喉の下の傷は動きが大きい場所なので、荒く縫って、体液が出る様にしていますので、画像のアップは自粛しました。成獣イノシシ1頭と、ウリ坊を1頭獲らないと元が取れないなどと、海君には聞かせられない話を家族でしています。まだ若いので治りは早いと思いますが、当分は静養させます。この前のお腹の傷が治ったばかりですが、またまた療養する事になりました。


鏡浦町の道路、仮復旧 [徒然]

8月17日外浦町と鏡浦町の市道が、豪雨で崩落し通行止めになっていましたが、仮復旧したそうなので、写真を撮りに行きました。

 CIMG0025.jpg

片側交互通行の標識と信号機が設置されていました。

CIMG0017.jpg

山側にあった土地を削って、仮復旧していました。土地の持ち主も地域の為に快く承諾してくれたので、素早く復旧できたそうです。

CIMG0018.jpg

しかし、海側の崩落現場は、ブルーシートを掛けただけの、応急修理です。しかし現場は、海まで海抜約38メートルあり、完全復旧までには、時間がかかりそうです。標高の調査には国土地理院の情報を使わせていただきました。


米寿の祝い [徒然]

8月13日、母の米寿のお祝いを「ことのは」で行いました。

CIMG0001-5-2.jpg

前列左が私です。年は67歳になりましたが、米寿の祝いをするまで、イノシシ狩りが出来るぐらい元気で過ごしたいものです。

今回の食事は、「鱧」尽くしでした。

CIMG0005-2.jpg

米寿の祝いにふさわしく、赤飯が付いています。

CIMG0007-2.jpg

お刺身です。

CIMG0010-2.jpg

焼き物

CIMG0022-2.jpg

揚げ物

CIMG0026-2.jpg

次には、鱧のしゃぶしゃぶでしたが、写しそこないました。(娘婿の写真を拝借しました。)

P1000657-2.jpg

ご飯が出てくると、コース終了です。

CIMG0030-2.jpg

デザート

CIMG0032-2.jpg

マンゴーのアイスクリームが美味しく出来上がっていました。