So-net無料ブログ作成

止めさしに、ボウガンが使用できる。 [有害鳥獣駆除]


「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律施行規則の一部を改正する省令について」

添付資料2 パブリックコメント結果の概要 [PDF 591 KB]の中で、ボウガンの使用についての記述がありました。



案件「猟法の禁止(弓矢)につてい」


意見の概要 「くくりわな・はこわなのとめさしに限り弓矢等が使用できるようにしてほしい。」


回答
「 例えば完全に当該獣の動きをとめた場合等、捕獲が完了した獣については鳥獣保護管理法の範疇外です。ただし、銃刀法等の他法令については個別に確認が必要です。
一方で、例えばくくりわなに獣の脚部がひっかかっているものの、くくりわなの根付けを起点に自由に動き回れる状況等であれば、捕獲が完了していない状況であり、確実に止めさしができない可能性もあることから、弓矢等を用いることはできません。
 
なお、有害捕獲等においては捕獲許可申請時にとめさしの方法として弓矢等を申請書に記載し、許可がおりれば、使用することは可能です。
 ただし、「動物の殺処分方法に関する指針」(平成7年総理府告示第40号)に準じ、できる限り苦痛を与えない方法によることが求められます。


2017-09-19 22:22  nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

黒猫

すばらしい情報を、ありがとうございます。

私は、「使用できない」という認識だったのですが、条件が合えば、使えることもあるのですね。

15年ほど前から非常に強力なコンパウンド ボウが出始めて、今ではボウガンもコンパウンド型で非常に強力になってきています。

技術革新や時代背景にあわせて、法律はどんどん変わっていくべきですね。
by 黒猫 (2017-09-20 17:01) 

因島のトラ

ボウガンも強力なものが出ていますが、連射がきかないので、イノシシの止めさしには銃をお勧めします。

単発では危険です。
by 因島のトラ (2017-09-20 22:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

Facebook コメント

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]