So-net無料ブログ作成
検索選択

防音室設置 [お仕事]

7月8日3日間の創業祭を終えたので、店内に防音室を設置しました。

1m×1m×2mとコンパクトタイプですが、扉を開けるスペースが必要です。

CIMG0007-2.jpg

中古の防音室ですが、医療用の本格的な性能なので、重たいこと重たい事、一人ではびくともしません。横のピアスのショウケースは撤去しました。

CIMG0028-2.jpg

ピアスのショウケースを解体しようとしましたが、鏡を取り付けた接着剤が強力で外れません。移動して倉庫の中で小物入れとして使いましょう。

防音室を何に使うの?と云うお問い合わせが多いので、追記します。

補聴器販売の為、聴力測定に使用する防音室です。


防音室で聴力測定をすると、低音部分が正確に測れるそうです。


耳鼻科さんで使っていた中古ですが、機能はばっちりです。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

常盤万作

聴力検査用ですか?
by 常盤万作 (2017-07-09 17:35) 

因島のトラ

補聴器販売のための、聴力測定用の防音室です。以前から中古の防音室を探していたのですが、丁度良いものが手に入りました。
新品で購入すると250万円ぐらいしますが、十分の一で済みました。
実際に補聴器を使用する環境は無音ではないので、防音室は無理には要らないのですが、医師の紹介や公的機関の中には、防音室の有無を気にするところがあります。
防音室ではかると低音が良く聞こえるような処方になります。
補聴器初心者には、どうせ低音域の250~500Hzは、低めに調整するので、防音室はあまり必要ないのです。

最近の補聴器は小型のコンピューターが入っているので、価格も高いですが、すごい性能です。2年ごとに新製品が出てメーカーが競争で機能アップを図っています。
小売店は、各メーカーの調整用ソフトの使い方を覚えるのに大変です。
by 因島のトラ (2017-07-09 21:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: